脂肪吸引のブログ一覧

腹部脂肪吸引

本日は腹部の脂肪吸引のゲストを紹介します。 腹部全体の脂肪吸引を施行したかたです。 術前の状態に対して術後腹部に大きな皺も入らずにきれいに仕上がりました。  

形成外科って何しているところ? 第3話

第3話 さて、形成外科は何をしている診療科なのか、というお話です。   さて前回は形成外科というのはつかみどころがない科というお話をしました。 まだ、まったくつかめていないと思います。つかめてなくて大丈夫です。  専門分野の説明に入る前にまず、“皮膚や皮下組織を主に診ている”とお話しするとだいたい訊かれるこの質問、 「皮膚科とはどう違うの?」に答えたいと思います。  そこの違いに関して本当にざっくり説明すると、皮膚科は皮膚内科、形成外科は皮膚外科と思っていただければ7割くらい合っています。 それだったら形成外科なんて名のらずに皮膚外科ってすればいいじゃない? 気持ちはわかりますが、あとでお話しするように我々としては皮膚皮下組織だけを扱っているわけではない(顔面骨や手指の骨や筋肉なども扱います) ので皮膚外科といわれるとそれはそれで納得できない感じなのです。 そして、実際に形成外科をやってみると皮膚科の診療範囲とはあまり被ってないことに気づきます。  もちろん皮膚科医の先生でも外科手術をやっている先生もいらっしゃいます。 ただ、一般に皮膚科の先生は外科的な処置をあまり好まれないイメージなのと、 それとは逆に形成外科医は手術しかしていない(薬を使った内科的治療はほとんどないです)といったかんじです。 診療範囲が被ることなく、皮膚科の先生とは仲良くやれることがおおいです。 あと皮膚科の先生が外傷(けが)を診ているところは見たことがないですね。 (私が形成外科で一般のけがを一手に見ていたからかもしれないのですが・・)

背中の脂肪吸引(肩甲骨下)

こんにちは 柴田です。本日は背中の脂肪吸引の方をご紹介させていただきます。背中の脂肪がこぶ状になっており、シャツを着た時のふくらみを非常に気にされていました。脂肪吸引にて背中がすっきりし、これからシャツがきれいに着られると非常に喜んでいただけました。

女性化乳房

こんにちは 柴田です。 本日は女性化乳房の患者さんをご紹介します。 女性化乳房とは男性でありながら、胸が女性のように膨らんでしまう状態の事を言います。 大きく分けて真性女性化乳房と偽性女性化乳房に分類されます。 真性は乳腺自体が肥大している状態、偽性は乳腺ではなく脂肪が胸についていて膨らんでいる状態です。 思春期や中高年者においてはホルモンバランスが崩れることによって一時的に女性化乳房を呈する事があります。あとは薬剤や肝障害などでも発生する事があります。 こちらのゲストは偽性女性化乳房の方でした。 乳腺の切除がないので、小さな傷から脂肪吸引をする事によって平坦な男性らしい胸にする事が出来ました。 ご本人の満足度も非常に高いです。 もちろん当院では真性女性化乳房の乳腺切除も含めた施術もいたしております。

日本形成外科学会 領域指導医

本日、日本形成外科学会 領域指導医の認定と証書を学会から頂きました。新型コロナの影響でだいぶん待ちました。 これはざっくりいうと形成外科の専門医の上の資格で、専門医を育てることのできる資格です。(ほかにも施設条件はあります) 形成外科専門医としての経験にくわえて、さらに高度な専門分野での専門医(もしくは指導医)の認定が二つ以上必要です。 これらの経験を活かしてより良く安全な美容医療に邁進してまいります。

脂肪豊胸

こんにちは 柴田です。 本日は脂肪豊胸をされたゲストを紹介させていただきます。 もともと胸のサイズのある方ではあったのですが、もっとメリハリのある乳房になりたいというご希望でいらっしゃいました。 脂肪注入することによってよりきれいなバストになっており、ご本人も満足されていました。

腹部のたるみ取り(タミータック)

今日はお腹のタミータック手術のお手伝いをさせていただきました。 タミータックはたるみに対して、余っている皮膚の切除をしてたるみを取る手術です。 過去に太っていて、もしくは皮膚が柔らくて皮膚が伸ばされ、その後脂肪吸引やダイエットをして脂肪がへって、 皮膚の弛みが出てしまった方が適応です。 皮膚と皮下の脂肪組織を切除して縫うので一気にたるみが解消され、その効果は絶大です。 切って縫う手術はもとが形成外科医なので気合が入ります。 ご希望のゲストがいらっしゃったら積極的にさせていただきます。

形成外科って何してるところ?第2話

第2話 しかし、実際のところ形成外科って何をしているところ?と訊かれると答えられる方は少ないのではないでしょうか?医療従事者であっても、形成外科がない病院だと知らないこともざらにあります。そして形成外科のない病院は結構あります。 恥ずかしながら私も医学生5年生の臨床研修をまわるまで形成外科という科があるのを知りませんでした。しかし気づいてみれば20年近くも形成外科医をやっていたのですから、不思議なものです。しかし、これは珍しいことではなく、医者のなかでもこういった治療・手術がやりたい、というイメージを持ちながらも何科にいけばよいのかわからず、一回違う科に入局(就職)してしまう人もいます。特に我々の世代はスーパーローテート制が始まる前で、大学を卒業していきなり入局(就職)する医局を決めなければならなったのでなおさらでした。 形成外科は何をしている科か?・・・これは我々に聞かれてもなかなか一般の方にうまく説明することは難しいのです。一番イメージしやすい説明としては、外から見える部位にかかわる外科です、と答えることですが、聞いた人もなんとなくピンとこないし、我々専門からすると見た目だけを改善しているわけではないので何とも説明しきれていない感じが残ります。

形成外科って何してるところ? 第1話

こんにちは 柴田です。  これから何回かに分けて私の専門科である形成外科に関してお話していきたいと思います。   みなさんは形成外科という診療科をご存じでしょうか?今は昔に比べてだいぶん形成外科のある病院がふえて、目にする機会も多くなったかと思います。皆さんは形成外科にかかる目的で病院を受診したことはありますでしょうか?  10年くらい前の地方での話になりますが、私の上司が開業するのにあたって、勤務していた総合病院(形成外科は30年以上存在している地域密着型の病院)で、形成外科を受診した新規の患者さんにアンケートを取ったことがありました。そのなかの質問の一つに‘本日は形成外科にかかる目的で病院を受診されましたか?’という質問を入れていたのです。しかし、これに“はい”と答えた患者さんは見事にゼロ!でした。受診した患者さんは受け付けで、症状を説明したら形成外科を案内されたので来た、とのことでした。この結果をみて、その上司は開業する医院の名前に形成外科を入れるのをやめました。この結果は私にとっても衝撃でした。毎日のようにたくさん患者さんは来るのに、形成外科を受診する目的では病院には来ていなかったのです。

講習会に参加

こんにちは 柴田です。   少し前のことになりますが、名古屋に行って下まぶたのしわ取り(ハムラ法)の講習に参加してきました。 実際見学したの手術はハムラ法ではなかったのですが、 当院のメニューにも下眼瞼脱脂があります。 今回は脱脂に加えて目の下の窪みを改善させるための新たな知見を得ました。 一緒に写っているのは大阪院の石塚先生です、ご一緒させていただきました。     添付ファイル DSC_0653.JPG をプレビュー DSC_0653.JPG 4.6 MB

LINEで個別相談する

モニター募集/定価から最大50%OFF

無料カウンセリング予約 ドクターが診察します