脂肪吸引のブログ一覧

脂肪豊胸+安心育胸

本日は脂肪豊胸のゲストをご紹介します。脂肪豊胸にて満足を得られたので、さらに冷凍保管した脂肪で安心育胸を希望されました。 最終的には体重が2kg近く減っているのに、胸のボリュームはしっかり出ています。  2回の施術でしっかりお胸がおおきくなった実感があり、大変満足されています。

脂肪豊胸

大体の内側外側から採取して、脂肪豊胸をしたゲストです。しっかりとバストのふくらみができており、ご満足いただいています。エクソソームを添加しているので、そのおかげかもしれません。

腹部脂肪吸引

こんにちは THE CLINICの柴田です。 本日は腹部の脂肪吸引をされたゲストをご紹介します。こちらの方は腹部の脂肪吸引後、勢いがついて、その後3㎏お痩せになり、脂肪吸引した効果が特に際立っています。

ゴルゴライン

本日はゴルゴラインのご相談の方を紹介します。 2年ぶりにあったご友人にゴルゴラインを指摘され、いらっしゃいました。 この方は靭帯がしっかり皮膚に付着していたため、ゴルゴラインがしっかりしており、注入だけではラインを消すことができませんでした。そのため、リゴトミーを行い、脂肪注入をしております。 再診察時には元の顔を忘れておられ、写真比較をみてびっくりされていました。

女性化乳房(乳腺部分切除含む)

こんにちは THE CLINICの柴田です。 本日は女性化乳房の方を紹介させていただきます。 胸部脂肪吸引と乳腺組織の部分切除を行い、男性的な胸になっており、大変ご満足いただいています。  

下腹部脂肪吸引

こんにちは 柴田です。 本日は下腹部の脂肪吸引の方を紹介いたします。 こちらの方はみてのとおり華奢なのですが, どうしても下腹部の丸みが取れないとのことで、ご相談に来られました。 下腹部の脂肪吸引にて、膨らみのない、きれいなお腹になりました。 ご本人様にも大変喜んでいただきました。

腰からの脂肪豊胸

こんにちは 柴田です。本日は腰と太ももから脂肪採取して、脂肪豊胸をしたゲストを紹介します。 術前、皮膚の伸びがあまりなく、ビブラという機械をつかって軟部組織の拡張をしてから脂肪注入をしています。そのため、術前の胸の皮膚に赤味が出ています。 腰から脂肪吸引して胸の注入することによって、胸から腰へのくびれが強調され、より華奢でメリハリのある上半身になっています。 さらに、胸に脂肪注入することによってよりメリハリのある上半身にすることができます。

脂肪豊胸

こんにちは 柴田です。 今回は脂肪豊胸の方をご紹介します。 やせ型の方でしたが、大腿2部位からなんとか脂肪を採取して胸を大きくすることができました。 さらに他の部位から脂肪を採取して、脂肪注入することによりさらにバストアップできます。    

腹部脂肪吸引

本日は腹部の脂肪吸引のゲストを紹介します。 腹部全体の脂肪吸引を施行したかたです。 術前の状態に対して術後腹部に大きな皺も入らずにきれいに仕上がりました。  

形成外科って何しているところ? 第3話

第3話 さて、形成外科は何をしている診療科なのか、というお話です。   さて前回は形成外科というのはつかみどころがない科というお話をしました。 まだ、まったくつかめていないと思います。つかめてなくて大丈夫です。  専門分野の説明に入る前にまず、“皮膚や皮下組織を主に診ている”とお話しするとだいたい訊かれるこの質問、 「皮膚科とはどう違うの?」に答えたいと思います。  そこの違いに関して本当にざっくり説明すると、皮膚科は皮膚内科、形成外科は皮膚外科と思っていただければ7割くらい合っています。 それだったら形成外科なんて名のらずに皮膚外科ってすればいいじゃない? 気持ちはわかりますが、あとでお話しするように我々としては皮膚皮下組織だけを扱っているわけではない(顔面骨や手指の骨や筋肉なども扱います) ので皮膚外科といわれるとそれはそれで納得できない感じなのです。 そして、実際に形成外科をやってみると皮膚科の診療範囲とはあまり被ってないことに気づきます。  もちろん皮膚科医の先生でも外科手術をやっている先生もいらっしゃいます。 ただ、一般に皮膚科の先生は外科的な処置をあまり好まれないイメージなのと、 それとは逆に形成外科医は手術しかしていない(薬を使った内科的治療はほとんどないです)といったかんじです。 診療範囲が被ることなく、皮膚科の先生とは仲良くやれることがおおいです。 あと皮膚科の先生が外傷(けが)を診ているところは見たことがないですね。 (私が形成外科で一般のけがを一手に見ていたからかもしれないのですが・・)

LINEで個別相談する

モニター募集/定価から最大50%OFF

無料カウンセリング予約 ドクターが診察します